ランドマーク株式会社は、サンフランシスコに本社をおく法人で、個人・企業・地域社会・組織向けの教育プログラム・カリキュラムを提供しています。

会社の歴史

ランドマーク株式会社の歴史

ランドマークは、人々の人生や仕事の質に大きな違いを作る、セミナーやコースを提供するというコミットメットのもとに1991年1月に創立されました。
ランドマークは、ダイナミックなリーダーのグループ、強力な業務チーム、知的財産の三つをもって始まりました。
ランドマークは、最先端の研究開発チームづくりを含め、その他の様々なイニシアティブを実施して、世界企業として拡大していくことを目指して設立されました。
そこから様々なプログラムやコースを開発し、それがランドマークのコアのプログラムとなりました。
これらのプログラムは、その後19年間、たゆむことなく進化し続けました。
1990年代半ばには、ランドマークは数十のコースやワークショップやセミナーを提供するまでにそのプログラムを広げました。
ランドマークは自己表現とリーダーシッププログラムをデザインしました。
このプログラムでは参加者が自分のコミュニティーでリーダーシップを発揮し、コミュニティーに違いを作るプロジェクトを作り出すことを能力付けられます。
このコースから今までに10万以上のコミュニティープロジェクトが産まれました。
ランドマークのプログラムが個人間の、そして組織レベルでの有用さを劇的に改善させたことから、数々の主要企業がランドマークの仕事に興味を寄せるようになりました。
ランドマークは、その財源を完全に自らが担った子会社であるランドマークビジネス部門を設立し、それらの企業顧客にサービスを提供し始めました。
90年代後半には、新しく創立されたばかりの企業から、フォーチュン誌のベスト100企業に至るまで、世界規模で数々の組織と仕事をしていました。
この会社は現在「バントグループ」と名前を変え、計画や手法や戦略的展望に影響を与える数々のプログラムを提供しています。
1991年の創立から現在に至るまで、ランドマークは個人と組織に貢献するというコミットメントを実現し続けてきました。
ランドマークのカリキュラムは繰り返し履行され、その度ごとに改善され、ランドマークはそのプログラムの質と有用さを高めてきました。
ここ数年、ランドマークはビジネスにおける実践性、利便性、顧客サービスや顧客体験の向上に焦点を当ててきました。
今日、ランドマークは企業の徹底した再構築、組織のあらゆる面の向上のための5カ年計画の中間にいます。
伝達手法の幅の拡大や利便性の向上、テクノロジーの改良や販売手法の根本的な発展、顧客が本当に興味のあることや大切に思っていることを十分に扱えるコースや製品、サービスの確立、そして並はずれて素晴らしいとしか言いようがない顧客体験の提供など、この計画は様々な独創性に富んでいます。
今日までに120万以上の人がランドマークのプログラムに参加してきました。
20カ国以上で開催され、公共あるいは個人的な区分でプログラムを提供することで、ランドマークは世界の中で最も適切で、最大規模の、多種多様な個人的かつ職業的な成長、訓練、人材開発を提供する会社のひとつとなっています。


ヴァントグループ

Vanto Group (www.vantogroup.com)

ランドマークのプログラムは、組織レベルそして個人レベルのコミュニケーション技術を劇的に向上させるため、多くの主要企業がランドマークのプログラムに有益さを見出してきました。
スティーブ・ザフロンをCEOとする世界的なコンサルティング会社であるヴァントグループは、ランドマークの独自のテクノロジーをビジネスの現場に応用しています。
ランドマークが完全に財源を担っている子会社であるヴァントグループは1993年にランドマークのビジネス部門として設立されました。
この会社はクライアントに競争上の優位性を与えるような組織のパフォーマンスの向上のための、そして前例のないようなビジネスでの成果を作るための、方法論的なイニシアティブをデザインし実行しています。
ヴァントグループが基本的前提としていることは、企業においての個人は、そして企業そのものは、成功を超えて行くことが可能であり、かつ偉大な達成を実現することが可能だということです。
ヴァントグループは戦略的なプランニングに始まりハイパフォーマンスな幹部経営チームの構築およびそのコーチング、そして全社員を動員するイニシアティブに至るまで、実に幅広いコンサルティングサービスを展開しています。
ヴァントチームはクライアント独自のニーズに合わせて、パフォーマンスや俊敏性や競合上の優位性を保つ能力に特に焦点を当てて、テーラーメイドでこれらのイニシアティブを調整します。
ヴァントグループは20世紀中に20カ国で数百の企業・組織と仕事をしてきました。
それらの中にはアップル、グラクソスミスクライン、ジョンソンエンドジョンソン、ハインツ、リーボック、ノースロップグラマン、BHPビリトン、ペトロブラス、テレマールブラジル、日本のポラスグループなどがあります。
ランドマークとヴァントグループは米国経営学会、米国経営協会、米国人材開発機構、国際生産性向上協会、そして国際継続教育訓練協会の会員です。


ビジネスとリーダーシップ部門でのベストセラー書籍

ランドマークのシニアプログラムリーダーであり、ヴァントグループのCEOを務めるスティーブ・ザフロンと南カルフォルニア大学マーシャル経営学部教授で前副学部長のデイブ・ローガンによる共著「パフォーマンスの3法則:あなたの組織とあなたの人生の未来を書き変える」(Jossey-Bass社から2009年2月出版)
この本は発売以来、ビジネスウィーク、ウォールストリートジャーナル、USAトゥデイなどで最も売れている本として取り上げられたほか、アマゾンではベストセラー本、そして最も多くギフトで贈られた本に選ばれました。
この本では個人や企業に如何にして業績への情熱を復活させるか、そして如何にして個人や企業が前例のないような成功への道筋を作るかが書かれています。
この本に書かれている方法論と知識の多くがランドマークから来ていると、著者らによって紹介されています。
この本は世界中の名高いリーダーや思想家から賞賛を受けてきました。
その中には以下のような人が含まれます。

ウォーレン・ベニス
組織レベルの開発、リーダーシップ、そして変革における世界的権威であり第一人者
「私はこの本は最も重要な書物のうちの一つだと考えている。
ここで述べられている概念は、ツールやコツや手段といったものではなく、まさに法則だ。
それも個人、グループそして組織全体のふるまいを支配する法則だ。
この本は来るべき世代にとっての重要な資源となり得るであろう」
クリス・アギリス
ハーバード大学大学院経営管理学部、教育学部名誉教授
「彼らが提唱する3つの“不変の法則”を自分のものにすることは、あなたや他の人がパフォーマンスの限界を超えることを強力に手助けするでしょう。
それもインテグリティを伴って。理論は堅実で、言語は明確で、イラストは否応なしにあなたを引き込むであろう。
読んだ時の体験は非常に有益で喜びに満ちたものとなるだろう」
デスモンド・トゥトゥ名誉大司教
ノーベル賞受賞者でランドマークエデュケーションが南アフリカでプログラムを提供しているコミュニティーを訪れた経験を持つ
「神は我々に世界をトランスフォームさせるプロセスに参加するよう招待している――世界をトランスフォームさせるとは、全ての人が自らの無限でかけがえのない価値を知り、潜在する能力を真に実現することができる世界を作ることだ。
この本は数々の洞察や実際の人生で遭遇する事柄や経験に満ちていて、トランスフォメーションの仕事をどのようにしていったらいいかを私たちに示してくれる。
会社や労働組合、政治組織や民間組織で応用が可能だ。
スティーブとデービッドは、私たちの世界の未来を書き変えようとしている人を手助けする、非常に感動的で実践的な本を書いてくれた。
ケン・ブランチャード
The One Minute ManagerやLeading at a Higher Levelの共著者
「パフォーマンスの3法則はポジティブな違いを作りたいリーダーにとっては必読の書だ。
変革は空虚な中には起きない。変革は人々が心躍るような未来を見るとき、聞くときに起きるのだ。
スティーブザフロンとデイブローガンは、人が癒され、感動させられるようなビジョンを明確に発信するために、真のリーダーが如何にして負の障壁を避けるかを示している」

お気軽にお問合せください。 TEL 03-5423-2201 AM11:00〜PM11:00(土曜定休)

PAGETOP
Copyright © ランドマーク東京センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.